娘が小学校5年生になったころ、将来のことを考えると中・高一貫の学校へ通わせたほうがいいのではないかということになり中学受験に向けて準備をすることになりました。私自身、中学受験の経験はありませんでしたし全国模試を一度受けさせたところ、偏差値はそれなりでこのままなら志望校が狙えるのではと思ったので、塾通いせずに頑張ることにしました。


娘も一生懸命、目標に向かって頑張っていた


ですが、中学受験をするのならば、実際に塾に通わせないと他の子がどれくい勉強しているかとか、どんな問題を解いているかとか、どこまで進んでいるかなどわからないことだらけでした。情報収集も大変でしたし、教材や勉強法の選び方、模試の申し込みなどやらなければいけないことが山のようにありました。学校の先生が熱心な先生で、娘がわからないと質問にいけば丁寧に教えてくださったし、私も家にいることができたので家庭学習にもしっかり取り組むようにしました。娘も一生懸命、目標に向かって頑張っていたのでなんとか自分も最後までやり通すことができました。中学受験は娘の努力と運も良かったのか、無事に終わり本当に安堵しましたが、今振り返れば、塾に通わせずに受験するのはちょっと無謀だったかもしれないと思います。結果は良かったですが、あれでもしもダメだった時は本当に落ち込んだと思います。